このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の風邪

体調を崩しやすい人は、一年に何回も風邪を引くようです。
その症状は季節によって異なり、喉がいたんだり腹痛や頭痛の他にも、咳や痰などが出たり、下痢の症状がでる人もいます。
風邪だからといって甘く見ていると、いつまでも引きずって治らなかったり、悪化して肺炎を起こすなど、気を抜いていると危ないのが風邪だと言われています。
早期治療が大切なので、症状だでたら早めに病院へ行って薬をもらうようにしてください。
早めに薬を処方することで、短期間で症状が抑えられて治りやすくなります。
季節によっても症状が変わったり、人によっても現れ方が異なったりするので、体調が優れないときは病院へ行きましょう。
発熱だけという人も多く、市販の薬で間に合わせる場合も多いようですが、それでも改善しないようであればきちんと病院の薬を処方しましょう。
そして、症状がおさまったからといって薬を飲まないというのは大変危険なことのようです。
決められた日数の薬ですので、薬がなくなるまで続けるか、医師の指示を受けてから止めるようにしないと悪化する場合があります。
また、症状が出てから再び飲もうとすると、薬の効能期限が過ぎている場合もあるので十分に注意しましょう。
そのような場合は、もう一度病院へ行って薬をもらってくることが安全なのです。
特に抗生物質の薬は効かなくなる場合が多いので、自分の判断で飲んだり飲むのをやめたりすることは危険だと言われています。
間違った薬の飲み方によって、治る病気も治りにくくなってしまったり、病気を悪化させてしまう場合があるので正しく処方することが大切です。
体調を壊しやすいという人は、基本的に不規則な生活をしている人や運動不足の人が多く、薬をもらって風邪を治すより、風邪を引かないようにすることが一番大切なのではないでしょうか。
風邪をひかないような日常生活を送り、日々健康を意識して自分の体を大切にすることが大切なのだと思います。
病院に何回もかかってしまうととてもお金がかかることになってしまいます。
出来るだけ体調を壊さないようにすることで、周りの人にも迷惑がかからないのではないでしょうか。
体調を壊したり風邪をひくと、気持ちも沈みがちになってしまいます。
風邪をひいてしまったらそれを治すことだけに集中して、早く元気になることが大切です。
夜ふかしをしないでしっかりと栄養のあるものを食べて、ゆっくり体を休めましょう。
自分だけではなく、周りの人の体調も心配してあげるようにして、みんなが元気で過ごせる環境を作っていくと良いと思います。
Copyright (C)2017症状改善その後の生活〜健康生活を維持してますか〜.All rights reserved.

Powered by 四字熟語辞典